沖縄 雑記

沖縄で高級魚としてポピュラーなバラハタが毒魚扱いだってなァあ?

2016/09/16

ども久しぶりに書いてみよかと。

 

このたび問題となってるヤツがこいつだ!

スポンサードリンク

barahata yahooニュースより

バラハタ君。沖縄ではナガジューミーバイといってけっこう市場でもふつーに売ってます。値段はキロ2,000以上となかなか高額。

このバラハタ君はときどき釣れたり、去年はたしか息子が潜って突いてきてたので「おおっ!いい魚じゃねーか!」とその日で刺身、アラ煮にして食べました。

 

食べた次の日、「うぅ・・は、腹が・・」。

 

なんてこともまったくなく無事でしたw。

バラハタは昔からたべてる魚なので別に怖くもなんともありませんでした。一応、シガテラ毒があるかもっていう予備知識はありましたが当たった話を聞いたことがなかったのでウソつけって思ってましたね。

 

こういう魚はおそらく生息域に影響するのでは?とぼくは考えています。昨日Twitterでもある方とちょっとだけやり取りしたんですがその方は小笠原で捕れたバラハタは全く問題ないとのことでした。生息域の話しになったんですがその方も地元のバラハタしか食べないかもって言ってました。

 

魚は生息域で味が変わる

これ、間違いありません。

ぼくの住んでる近くの海で捕れるタマン(ハマフエフキ)は臭みもなくとても美味しい魚なんですが、こないだ石垣島に行った時に友達が「タマンは臭いから嫌い」と言っていたんです。は?臭い?なにそれ?なんて思っていましたが、近くの防波堤へ一緒に釣りに行った時に良型のタマンが連発!しかしそのタマンの臭いのなんのww

なんだろ、砂臭さが凄くてクーラーボックスは洗ってもなかなか臭いが取れないほど強烈でした。このことから推測されるのはやはりそのタマンが普段食べているものの臭いが影響しているのは明らかです。石垣島はサンゴが多いのでサンゴごと丸かじり、もしくはサンゴの砂を大量にたべて排泄していると思われ、実際お腹を開けると砂が結構ありました。この時は食べる時間もなく食味確認できなかったんですがとにかく魚体は臭かったです。

 

沖縄本島でも船で沖にいって捕ってきたタマンはやはり砂臭いです。逆に近くの海で捕ったやつはまったく臭みもなく、残念なことにサンゴもほぼ死滅してます海の環境は全然違います。

 

ちなみにブダイですが沖縄ではポピュラーな食材でして臭みは多少あるものの刺身であっさりとおいしく食べれるんですが、関東あたりのブダイは臭くて食えたもんじゃないって聞いてます。食べたことないので本当のところはわかりませんが。

アイゴなんかもここでは旨い魚ですが、本州ではやはり臭くて食えたもんじゃないとか。九州辺りはたべるのかな?

原因は食べている海藻の種類の違いと思われますね。

 

アイゴは背ビレ胸ビレのトゲに毒があるんですがたっぷりとアオサを食べてる個体は毒が強くアオサの時期が終わると毒力も落ちています。じっさい何度か刺されてるので間違いないです。

 

今回のバラハタ君も住んでいる海域で毒をもった生物をかっ食らったから食物連鎖で毒魚となったんでしょう。なんとも悲惨な話です。

スポンサードリンク

 

獲れた海域に気をつけよう

毒魚となったバラハタ君はいったいどこで捕れた魚だったのかが非常にきになるところです。少なくともぼくの知る限りでは身近で「バラハタは毒魚だから食べない」といったことは聞いたことありませんし、むしろ「釣ったぜ!」なんて記事や話はよく聞くので当たった方はいないんじゃないかと思うほどです。今回あたった方はほんと運が悪いです。

しかし報告が無いだけで実は食中毒になったなんてこともあるかもしれません、が、ないと信じたいものです。ぼく自身当たったことないですし。

 

今後は自分で捕った、もしくはよく知っている海域で穫れたバラハタじゃないかぎり食べないに越したことはないですね。

 

毒魚は美味?

バラハタではありませんが、知り合いにバラフエダイで当たった人がいて、その方は魚汁にしてたべたらしく、大変美味だったとか。その後しばらくして吐き気、嘔吐、しまいには全身の節々(関節)に死ぬかと思うほどの激痛や全身の痺れが走り地元の病院へ救急搬送されるも対応できず沖縄本島の大きな病院にヘリコプターで搬送され、しばらく入院となったそうです。

 

この話をきいてシガテラ毒に対する恐怖は根付いており流石にバラフエは食べたことありませんし釣った話を聞いたりブログ記事なんかを読む限り持ち帰る人は皆無です。しかし毒魚ほど旨い魚はないと聞くため非常に気になりますねw。

 

そうそう、それとソウシハギがよく釣れるんですが、こいつはふつーに食べてました。

sousihagi Web魚図鑑より

よく見ると毒々しいです。カワハギだけに食味はまちがいない。なんでも内蔵にパリトキシンを持っている事があるようで、少しの量でも死にいたる程とか!!

 

フグ同様、素人は調理しないほうがいいらしいんですが、普通にさばいて刺身にして食べていました。内蔵に猛毒の可能性があるともしらず・・(;・∀・) 

肝食べなくてよかった・・。

 

知っていればそれなりに気をつけて解体していたはずですが知らないって怖いですね。やっぱなんでも勉強は大切です。いや食べるんかいっ!てね。

 

まとめ

結局なにが言いたいのかわけが分からなくなりましたが、バラハタ君は悪く無いってことです。そして美味しい魚である。

もちろん素人さんはどこの物かわからないバラハタは買わないほうがいいですし、ぼくもよく知ってる、またはよく捕ってくる海域の物以外は手を出さないほうがいいかもしれませんね。

ではバラハタ君の名誉挽回を期待しつつこのへんで。

スポンサードリンク

-沖縄, 雑記
-