釣り イザリ タマン釣り

タマンを求めてコチ兄貴

2017/01/12

タイトルが「母を訪ねて三千里」の響きに寄ってしまいました。

ども、イーグンです。

 

インターネッツで釣りブログや魚突きブログを見ながら妄想だけが膨らみ日々悶々と過ごしております。そんな時は道具の手入れや仕掛けの調整でもするんでしょうけど、面倒なので放置プレー中。

 

スポンサードリンク

 

久しぶりに行ってきました。釣り。

干潮が0:00頃なので、夕方の満潮時はタマンの打ち込み釣りをして、潮が引いたらイザリ(夜の潮干狩り)作戦決行!

 

初ポイントでタマン狙い

ポイントに着いたのが夜の20:00。色々あり予定よりかなり遅くなりましたが早速タマン仕掛けをセットし、冷凍庫に保存してた余り物の小ボラをエサに大海原へ大遠投。

 

打ち込んで約1時間は全く反応なし。

 

21:00をすぎるとようやくエサ取りらしきアタリが頻発して忙しくなりました。エサ取りとはいえ、魚達の活動が活発になったので期待が高まります。

 

ヒットー!

21:30に細かいアタリから一気に食い込む!けど手応えがない・・。

 

余裕のやり取りで上がって来たのは‥

 

 

kochi

 

 

コチの兄貴!40cmくらい‥

 

このコチは子イーグン(息子)の竿にヒットしましたが、彼は電話中だったので僕が釣り上げちゃいました。それにしても全く引かない。首振りが手もとにガンガン伝わりましたが引っ張られる感覚はありませんでした。もっと強烈な綱引きがしたい・・

 

兄貴ぃ~。

 

コチ食べちゃう?

これまでの釣り人生でコチは何度か釣ったことがあるんですが、大きのも小さいのも全てリリースしてきました。見た目も不味そうだし、変な形してるし捌くのがなんだか面倒くさそうなので。美味しいとは聞いてたんですけどね、なにぶん超面倒くさがりなもんで。

s_img_20161116_115657

子イーグンの希望もあって今回は食べてみようということでお持ち帰り決定。しっかしまぁ顔も形もなかなかのブサイクっぷりです。

 

その後も度々アタリがあるものの、全てエサ取りらしき魚信‥。最後まで竿を絞り込むようなアタリもなく、潮もかなり引いたので22:00ストップフィッシング。

 

 

約2時間の釣果

 

 

コチの兄貴1匹。

 

 

イザリ開始

広い干潟を歩くとカニがいっぱい。実はシガヤータコ(ウデナガカクレダコ)がほしいんですが、全く居ない‥。いや、いるけど見つけられないのか?いやいやそれはない、こんなに目を凝らして2時間も歩いてるのに一匹も見当たらないということはおそらく居ないってことでしょ、きっと。

 

シガヤーダコは一般市場に出回らないうえに時期によって釣具屋さんで売ってますが、1匹300円とかなり高額なので、イザリでたくさん捕れるんじゃないかと期待しただけに非常に残念。

 

このポイントにもシガヤータコが居ると聞きましたが、やはり近郊の海岸は乱獲されて数が少ないようです、つーか居ない。

 

手ぶらで帰りたくないので、仕方なくイシガニ?を捕獲しまくりました。このカニはいい出汁がとれ味噌汁にすると最高にうまいヤツです。

nokogirigazami

あ、卵持ちが一匹いますね。卵持ちさんはリリースしてたんですがどうやら誤って混じっちゃったようです。なんかカニ1万匹くらい大虐殺してしまったような気分です・・。

 

カニさんは岩付近でウロウロしてたりボケーっとしてたりなぜか同士で喧嘩してたりと簡単にみつかりました。昼間は岩の下に隠れてますが、夜は岩下から出て活動してますね。

 

食べごたえのある大きなカニも期待しましたが残念ながら出会うことはありませんでした。このイシガニ軍団は小さいので食べる為ではなく、タマン釣り、マクブ釣りのエサとして使います。

 

特にマクブ釣りの餌にはカニさんが最高。タマン先輩はシガヤータコやシマタコが最高なんですけどねー。まったく居ませんでした。

 

約2時間のイザリ結果

 

カニたくさん。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

イザリは楽しい♪

夜のイザリもなかなか面白いです。昼間にくらべて夜のほうが動き回る生き物が多くいるので歩いて見るだけでも十分楽しめます。ワクワク♪童心に帰りますよ。

 

目の前でカニ同士が喧嘩して大暴れしてたり、マリモみたいな緑の玉をカニが一生懸命食べてる姿や、エビやらナマコやらウツボやら。

ウツボ怖し‥

 

寝ぼけてる魚もいて、手で突いてもゆらゆらと動きが鈍く、素手で捕まえてもほとんど抵抗する事もなくまだ寝ぼけてたりと、昼間とはまた違った夜の不思議な海の世界が感じられます。

 

今回のイザリ道具

 

シガヤー捕り(捕れなかったけど)

 

素手

 

カニ捕り

 

素手 

※ 結構キケン、手の平をハサまれてちょっと血が出ました 小さくてもスゴイパワーあるので手袋したほうがいい

 

ヘッドライト

冨士灯器 ZEXUS ZX-250 BK

 

 

手元や海中を照らすヤツー。

百均の単3電池1本で結構長持ちするし、明るさ切り替えもボタン一つで可能。使い勝手、コスパともにグッド♪

本家サイトでは動画で詳しく解説しとります。

本家サイトはこちら

 

シマノバッカン

シマノ バッカンEV

 

捕ったカニを入れとくヤツー。

あ、シガヤータコを入れるのは百均の洗濯網がいいそうです。網目が超細かいやつね。

 

最後に

イザリに夢中になりすぎて気づかずに満潮を迎えて岸まで戻れないなんて事のないように十分注意が必要です。また、海には危険生物もいるので初めての方は詳しい人と一緒に行きましょう。

 

あとスマホが濡れるのが怖かったので、写真撮りませんでしたが、よく知るポイントで水深が膝下しかない事を知ってたら写真も撮れましたね。次回は写真撮影もトライしたいと思います。

 

あ、防水カバーもあるのか!そうか、その手もあったね。

 

 

では

スポンサードリンク

-釣り, イザリ, タマン釣り
-, ,