『無人島に生きる十六人』にむむっ!?

2016/09/16

ども、お久しぶりです。

 

今日は書籍の紹介です。その名も『無人島に生きる十六人』。

スポンサードリンク

 

どうです?

むむっ!?っと思ったでしょうw

 

海の男たるや無人島ときいてワクワクしないヤツはいなんじゃないでしょうかw。

かくいうぼくも「むむっ!?」と感じました。

 

無人島に生きる十六人

 

時は明治31年、船名は「龍睡丸」76トン、2本マストのスクーナー型帆船

こんな感じかな

Tall Ship On The High Sea

Tall Ship On The High Sea

 

なんか海賊みたいでカッコいいですね。

この龍睡丸は占守島(しゅむしゅとう=現在はロシアの実効支配下)と内地(日本)との連絡船で、冬の占守島は雪と氷にうずもれ、交通がストップ、春が来るまで東京に停泊。そうなると乗組員は全員下船するため、再稼働する春にはまた乗組員を集めなければならないが、腕の良い乗組員となるとなかなか集まらず苦労していたそう。

この龍睡丸にかぎらず当時の北日本の漁船はみんなこのありさまだったらしいです。

そこで龍睡丸は他の船が冬こもりしている間に、新鳥島(たぶん南鳥島かその付近)から小笠原諸島まで出かけ、南方の漁業調査を行い、うまく行けばその他の船も冬でも操業できるかもと期待、また、昔、海賊の基地となったグランパス島があり、そんな島は無いという者もおり、それを確かめ、あわよくば海賊のお宝も発見出来るかもという期待を込めいざ出港。

 

龍睡丸(りゅうすいまる)遭難から無人島生活へ

ところが大西風に煽られ遭難、命からがらホノルル港へ。そのホノルルであらぬウワサが立つも最終的に「日本人スゲーな!」と地元民から賞賛をうけ準備万端で日本へ向けて出港。しかし!こんどはパールエンドハーミーズ環礁で座礁!完全に船をやられるが、伝馬船(てんません=小型の船)をなんとか死守し、力を合わせて近くの無人島へ16人全員無事上陸、その無人島で3ヶ月以上ものあいだ救助をまちながら生活することになる。

 

無人島生活ではあらゆる工夫があった

遭難したのが5月だったため冬に備えて服は貴重となるので全員裸で過ごすという約束。夜間の見張り番人は経験豊富な年長者が担当するなど(闇夜において若い人はホームシックにかかり自暴自棄になるおそれから)無人島ではそれぞれが役割をもって活動的生活を送らないとやはり気持ちが鬱になるため、新しい発見や発想をもって日々の仕事を分担。そしてなんと!ウミガメの飼い方を研究し棒杭に丈夫な索(つな)を結び、その索の端を亀の後ろ足にしっかり結び索の長さ分だけ自由に海へ行き来し魚を食べて生きながらえるというカメの牧場の仕組みを作って冬の食料不足にそなえ、30頭以上のウミガメを飼い、牧場の点検管理を行うなど驚きの生活ぶり。

スポンサードリンク

 

スマホやPCにKindleアプリを入れよう

ぼくはスマホでKindleをダウンロードし、Kindle無料本で検索しました。AndroidやIOS、Windows版のKindleアプリがあるのでぜひ入れてみてください。

こちらはWindows版アプリ

 

アマゾンアカウント登録もKindleアプリのインストールもすべて無料でできます。

Kindleは無料書籍はたくさんあり嬉しい限りです。有料も紙の本より格安のものもあったりするので電子書籍はまだというかたはぜひ試してみてくださいな。

 

iPhone版はiTunesストア、Android版はGoogle Play、そしてPC版はアマゾンでWindowsとmac版もあり全部インストール無料です。そしてこの『無人島に生きる十六人』も無料です!

 

無料の本やマンガも沢山あるので超お得ですね。

 

スマホの方がトイレでウ○コのときやちょっとした空き時間ですぐに読めるのでぼくはタブレット型よりいいと思いますね。スマホだと画面はちいさく雑誌やマンガは非常に読みづらいですが本はストレスなく読めますよ。

 

書籍リーダーKindleは便利機能な機能もある

そして素晴らしいのが知らない単語や漢字などもタッチするとその場でサクっと検索して意味や読み方がすぐに解るんです!その他マーカーを引いたりメモ書き機能などあるので便利!

 

電子書籍デビューがまだの方はぜひ入れてみて楽しさを体感してください。全力でオススメっす。

あ、インストール方法はググればいくらでも出てきます!てか説明面倒なんで・・w

では

 

 

電子書籍は実態がないので所有感、満足感がみたされず物足りないという方は紙の書籍もあります。

スポンサードリンク

-
-