魚突き 魚突き道具 魚突き安全管理

シュノーケルの先端に蛍光テープ【安全管理】

2016/09/16

ども、イーグンです。

ぼくは、シュノーケルの先端に蛍光色のテープを貼ってます。

 

スポンサードリンク

 

 

  ↓ここね

20160602_094739

シュノーケルはomarの迷彩柄なんですが、これはあまりオススメしません。咥える部分の形状がコンパクトにカーブしてるので、くわえてる状態での水の抵抗が少なくていいんですが、いったん口からはずすと、くわえ直す動作がやりにくいです。←ぼくの場合はですが

見た目もあれです、黒いマスクとは合いません。これはもらい物なので使ってますが、シュノーケルも種類が沢山あるので使いやすいものを選んだほうがいいと思います。

おっと、話がそれましたw

スピアフィッシング用ウェットスーツ

20160602_135051

ぼくが使ってるウェットスーツは迷彩柄なんですが、これがなかなかカッコいいんですよね。正直、迷彩柄だから魚の警戒心をやわらげるなんてことはあまりないような気がするんですが、そんなことよりも単純にカッコいいからって理由で迷彩を選びました。

もちろん浸水性も低く、動きやすいので機能性バツグンです。

しかし、迷彩柄は目立たない。

がそれがかえって障害となります。

ツーマンセル(迷彩柄は目立たない)

 

maxresdefault

ぼくの場合ツーマンセルで海に入ってます。

ウェットスーツの迷彩柄は、海底が岩場になってると、潜った人は景色に溶け込んで見えます。見えてますが、認識しにくい。

魚はどうかワカリマセンが。

カッコいいし、スゴイなーとおもってるんですが、これはこれで怖いなとも思ったんです。

相方との距離がけっこう近いのに、「あれ?どこいった?」なんてこともよくあります。海中ではマスクもしてるので、視界が狭いってのも手伝います。あたりまえですが。

やっぱりツーマンセルは、お互いが確認できなきゃ意味がないんですよね。

だったら迷彩ウェットスーツなんか着るんじゃねーよ!って話ですが、やっぱり迷彩柄はカッコいいですからねw、ぼくにとって「カッコいい!」ってもの楽しむための要素の1つです。

 

しかし、それが仇となるような事故につながると本末転倒。

カモフラージュ効果がバツグンすぎて、もしも水中拘束などのアクシデントがあった場合に気づかなかったら…と考えると危険であることは容易に理解できると思います。

「気づくのがもう少し早ければ」なんて最悪の自体になってからでは遅いです。

よく考えると本当に怖いことです。

という理由から、蛍光色のテープを貼ってます。結構目立つんです。

ちょっとしたことですが、こういった工夫も大事だと考えてます。

 

スポンサードリンク

 

 

イーグン
おう、シュノーケルの先っぽに貼っとけ、目立つからね

息子
ぇえ~…
息子
ダサいからいやなんですけど…汗

イーグン
バァッカ、ダサいから確認できて安心なんだよ!
イーグン
ちがった‥
イーグン
目立つから確認できて安心なんだよ!
息子
マジでぇ…汗
イーグン
海をナメちゃいかんゼヨ!
息子
……。

 

とまぁ、息子はしぶしぶ蛍光テープを貼ってました。

複数人での素潜りは、お互いを確認する場面がある

お互いバラバラに分かれて潜るにしても、どこかでバッタリかち合ったり、エキジットする際に合流したりと、なんだかんだ複数人で移動したり潜ったりする場面はあると思います。そんなときにも目立つ部分があることで少しでも早く気づけますからね。

細かいとこですが、少しでも役に立つなら貼らないより貼ったほうがいいです。簡単ですし。

100均ですし。

20160602_130416

 

水面移動中も目立つ

シュノーケルの先端が出るので、蛍光テープが貼ってあれば目立ちます。

20160602_094758

100円で買える安全

asdfasdシュノーケルの先端が目立ってます。

 

下の動画、5:42秒~6:10秒あたりを見てもらえばわかるんですが、迷彩のウェットスーツと背景の岩場がいい感じで溶け込んでます。

この日はけっこう濁りがあったんですが、蛍光テープが目立ち、しっかりと役割を果たしているのが確認できます。ぼくが求めてるのはこれです!この認識のしやすさ!

ロングフィンの先端とか、手銛の後端とかに貼ってもいいですね。

おし、さっそく貼ろっ。

まとめ

スピアフィッシングはとても楽しいです。しかしとても危険です。めちゃくちゃ危険です。

少しでも安全に楽しめるように工夫することはとても大切。なにかあってからでは遅いので、できることはやっておくという心がけが大事です。って自分に言い聞かせつつ、読んでくれてる方に少しでも参考になれば。

では

ここに安全管理に関する記事をまとめていきますので今後ともよろしくどーぞ。

安全管理の記事まとめ

ヒヤリハット記事まとめ

スポンサードリンク

-魚突き, 魚突き道具, 魚突き安全管理
-,