釣り エギング エギングポイント

そういえば前記事のエギングポイント伊奈武瀬周辺を紹介

ども、イーグンです。

 

エギングでイカを釣った記事を書きましたが、詳しいポイントを書いてなかったので、チョイと紹介♪

 

 

スポンサードリンク

 

 

伊奈武瀬の防波堤の画像①のポイント

 

伊奈武瀬会館(葬儀場)の近くで、アオリイカの時期になるとエギンガーがワンサカ訪れるポイントです。

 

上記の記事で釣った場所は防波堤の根本から右側の水深が深くなる辺で若干沈めながらシャクリ上げてる途中でガツンと当たってきました。サイズは小さいですがまぁこの時期の平均ってとこでしょう。

s_20161014_062945

あとで説明しますが、ご覧の通り根がキツイです。ボトムに着くと一発で根掛かりするので注意ですな。

番号をふってみました。

eging-inanse

画像の加工が下手くそですが。

 

①のポイントはテトラの上からちょうど①と書かれた辺りが急に水深が深くなるので、魚も多く、フカセ釣りでも人気があります。ただテトラからの釣りになるのでキケンだし面倒くさいです。しかし日中行くと高確率で見えイカが居て、溜まりになってる感じですね。

 

水深の変化があるのでイカも張り付いているんじゃないかと想像できますね。この日もあちこちにエギをキャストしましたが反応がなく、①を攻めると予想通りのヒットだったので嬉しかったです。

 

②もよく溜まりイカが釣れてます。

 

③のポイントは回遊してくるアオリイカ!

ここは潮通しがよく、回遊してくるアオリイカを狙えます。クブシミ(コウイカ)も釣れます。とくに4月の産卵期は浅場までやってくるのでよく釣れてますね。

 

さらにこのポイントはドシャローなので根掛かりでエギのロスト確率高めです。日中、何度か潜ったことがありますが、海の藻屑となったエギがたくさん沈んでました。かといってシャロータイプがいいかというと、大潮のマズメになると結構潮が早かったりするので、状況に応じてエギを選択したほうがいいです。

 

回遊イカを狙うなら大潮朝マズメと夕マズメ

大潮周りの夕マズメや朝マズメのちょうど満潮になる時間帯が水深も深くなりベスト。

 

マズメは食事タイムなので活性も高く、回遊してくるアオリイカのヒット率が高め。2~3杯立て続けにヒットなんてことも珍しくありません。回遊してくるイカを狙うので、あまり移動せずに同じポイントでひたすらキャストを繰り返したほうがいいです。

 

ただ風向きは注意しましょう、当然ですが追い風がベスト。ちょうど冬場は北東の風向きが多く、テトラの下の方まで降りると影響もなく投げやすくなります。真北風だと横風が強くなり投げづらいので地図には載ってませんが、反対側に移動したほうがいいです。

 

 

④のポイントでヒット

 

s_20161016_092900

この記事にも書いてますが、エギンガーが多い時は避けたほうがいいんじゃないかと思います。イカよりも釣り人が多いと当然ヒット率も大幅に低くなるので、足を使って釣り人が居ない場所に移動したほうがいいです。

 

マズメ時や夜間は回遊してくるイカが期待できますが、日が高い時間帯にエギンガーが多い場合、そのポイントはもうイカは居ないと思ったほうがいいです。完全に明るくなると回遊イカがあまり期待できないので。

 

ちょうど加工画像の④の矢印方向に砂地が見えてますが、あの砂地と岩の縁についていた子イカがヒットしました。クワイカかな。やはり海底の地形に変化のある場所がポイントですね。回遊してきて日も高くなり隠れ場所としてちょうど良かったんじゃないでしょか。

 

釣られてしましましたが。

 

スポンサードリンク

 

 

⑤のポイント

ここはテトラが大きくてかなりキケンです。フカセ釣りでも人気があるんですが、テトラがきつくて大型魚の取り込みは厳しそうです。

 

水深もそこそこあって潮通しもいいので良いポイントなんですがとにかくテトラがキッツい!

 

実は④で子イカを釣った後、ここでもエギをなげました。ちょうど角の辺りで、水深があるので長めにフォールさせて中層以下をイメージしてエギを引いてたらアタリがあったんですが、途中で抜けてしましました。

 

その後、潮が早かったので少し早く沈むエギを使用すると、根掛かりでエギを1個ロスト・・・。

 

ん~、赤字です。

 

根がかりがヒドイ

ここいらのポイントは根がとにかくキツい。

画像を見ての通り岩が張り出しているので、ボトムをとったら一発で根がかります。浅い場所ではボトムに着く前にシャクリあげて海面に来たらゆっくりリーリングしたほうがいいです。

 

通常はエギをシャクってからラインを張った状態でリールを巻かずにフォールさせ、イカが抱きやすいシュチュエーションを演出しますが、先に述べたようにボトムに着くと一発で根掛かりします。大潮で水位が高い場合、多少はいいかもですが、あまりオススメしません。

 

水深がある場所でもある程度沈めたらボトムに着く前にリャクリ上げましょう。ボトムステイさせるなんてとんでもないです。

 

ぼくも結構エギもってかれてます。

 

最後に

ここ沖縄の海は根がきつい場所が多いです。

沖縄に限らずどこでもそうですが、初めて入るポイントでボトムをとる場合は安いワゴンセールのエギや、安価なエギセットを一式もっておいて、ポイントのクセを把握してから高設計のメーカーエギを使用したほうが無難です。

 

ぼくは初めて攻めるポイントもそうですが、通い慣れたポイントでもまずは感覚を呼び戻す為に安価なエギからキャストしてます。このポイントは知ってるからといってすぐにメーカーエギを投げるといきなり根掛かりすることもあるのでw

 

安価なエギで何度かキャストを繰り返すと感覚が戻って根掛かり率が下がります。

 

安価なエギでもアオリイカに対してしっかりアピールできれば十分釣れますしね (^_-)-☆

 

こういった安いエギセットを1セット持ってるといいですよー。

 

では

スポンサードリンク

-釣り, エギング, エギングポイント
-, ,