釣り エギング

明け方に目覚めたからエギング♪

2016/12/01

スポンサードリンク

 

 

朝の5時に目が覚めました。そんなのいつもの事なんですが、今日は何故かおめめパッチリで再度眠りにつこうと思ってもなかなか寝付けない。そんな時はさっさと起きた方がいい。

頭が寝たくないって言ってるのに無理に寝る必要はないんです、この後ひかえた仕事中ねむくなるかもですが。

 

ムダに早起きしてしまったので朝食でも作ろうかと思いましたが、ふとこないだエギングでアオリイカを釣ったことが頭をよぎったわけですよ。時刻は5時半、一時間くらいはエギングができそう・・、けど面倒。けどイカ食べたい。

 

自宅のベランダの外がすぐに海なら毎日釣りできるのにな~と考えたのは僕だけじゃないはず。

 

どもイーグンです。

s_20161014_063637

外に出てみると雨が心配なほど曇ってる。1時間くらいは大丈夫だろうと思い、今回のポイント

 

 

ベランダへ急ぐ。

 

エギングはマズメがいい

魚釣りでもよく言われる事ですが、エギングでもやっぱり「朝まずめ」「夕まずめ」は一番活性が上がります。理由は朝方や夕方になると沈んでいたプランクトンが活動を開始して浮く為、食物連鎖がおこるようです。

 

「朝まずめ」は日中担当プランクトンが出てきて、「夕まずめ」は深夜担当プランクトンが出て来るってことでしょうか、知らんけども。

プランクトン活動開始

小さい魚がプランクトンを食べる

小さい魚をもうちょっと大きい魚が食べる

もうちょっと大きい魚をそこそこ大きい魚が食べる

そこそこ大きい魚が…

 

 

と、いっこうにイカの出番がありません。

 

アオリイカもマズメ時に連発なんて事もよくあります。

捕食スイッチが入るようです。

 

エギング行くなら魚を狙えるルアーも持った方がいい!

まだ薄暗い中、潮通しのいい外海側をねらってエギをキャスト。水深がとても浅く岩だらけなので水面にエギが落ちたらすぐにシャクってはゆっくり糸を巻く。

 

何投かすると、いきなりガガッ!っとアタリがでるもおそらく魚。少し明るくなってきてるのでたぶんイシミーバイ(カンモンハタ)かな。スプーンタイプのルアーを持ってくればよかった‥。

って事になるんです。

 

とうぜんエギの針には返しもないので魚は釣れない。

 

エギングで稀にデカイミーバイが食いつくんですが、口が大きいのでエギを丸呑みして釣れる事もあるので油断できません。

 

エギでハタを釣るとはよく言ったもんです。

 

回遊してるイカがいないので内海を攻める

s_20161014_063620

そんなこんなで防波堤の先端まで探りながら移動しましたが、回遊してるアオリイカには出会えず、防波堤の入り口まで戻り今度は内湾側を狙う。

 

この辺りは浅場になっていて、よく見えイカがいるんですが今朝は留守のようで何もいない。

 

んー、タイムリミットまで後15分ほど。いよいよ雨も降り出しそうな雰囲気のなか、粘る。

 

狙い通りヒット!

浅場から少し移動、水深が急に深くなる辺りにイカが着いてるかもしれないなと思い、向かい風に3,0号のエギをフルキャスト。

 

たいして飛んでないけど急に深みに落ち込むポイントにうまく投げれたのでよし。

 

少しだけ糸を送り沈めてシャクって浅い所までエギを引いてきた辺りでググッっと引っ張られたので「必殺!一刀流 鬼シャクリ」をぶちかますと

 

のったー!!

 

狙い通りでうれしーーー!!

 

しかしあまり引かないと思ったらやっぱりこないだより少し小さめでした。

s_20161014_062945

 

でもやったー!!

 

s_20161014_070247

 

刺身じゃーーー!!!

 

酒じゃーー!!!!

 

皆の者ー!

 

 

今宵も宴じゃーー!!!

 

 

 

小イカでもこのくらいテンションあがります。

 

前シーズンはほとんどエギングはやらなかったんですが、今シーズンはハマりそうです。

 

では

 

ヒットしたエギ

釣ったポイントはこちら

 

スポンサードリンク

-釣り, エギング
-,