魚突き 魚突き道具

手銛の発射位置調整トルネードグリップ巻き直しだよ

2016/09/16

どもイーグンです。

 先週末、久しぶりに魚突き行きました。動画も撮りましたが例によってイラブチャーばかりです。今回はやや魚影が薄かった感がありますね。息子が推定8キロはあるアカジン(スジアラ)を突いたそうですが後頭部の硬い部分に当たり刺さらなかったそうです、残念ながらその瞬間の動画はありませんが。つーかサクジョされましたが。

ユーチューブの動画がいきなり削除された(・。・;

 

 

スポンサードリンク

 

 

発射位置をあと20~30センチ手前にしたいと思ったので改良することに

 

改良したいと思った理由

1、ちょうど重心が発射位置なので先端が浮き気味(水平を保ちすぎ)
2、発射地点が真ん中なので先端シャフトの長さを最大限活かせてない

 

 下の画像は後端シャフトなんですが、このジョイント金具の上に中間シャフト、長さ約80センチがつながって、その中間シャフトの真ん中よりやや下辺りが現在の発射位置なんです。なのでレストタブがジョイント金具のちょうど下につけてある。これで約7~8分引き。

手銛レストフック

 

 今回、上画像にあるジョイント金具のすぐ上、10~20センチ辺りを発射位置としたいので、今のレストタブの位置ではMAX引きの発射位置に近すぎるわけですなぁ。引きゴムも短くしないといけない為、このままだとレストフックをかけるのはキツすぎてパツンパツンになるはず。絶対しんどいし、たぶん9分引きになるのでゴムの負担がかかりすぎて劣化も早まりそう。

面倒だけどトルネードグリップを解体してレストタブの位置を20~30センチ下へ移動することにしました

手銛トルネードグリップ

 トルネードグリップの端々はゴムを引いて握りこむと次第にズレてくる為、ズレ防止にエポキシボンドで固めてるので少し上からカッターナイフを入れて糸をほどいていく。

 

重心より後端側を発射位置にするメリット

 

 
1、魚を突くとき、ほぼほぼ斜め下に手銛を放つ為、発射位置を重心より後端側にすることにより前方が垂れ下が
  り打ち下ろしやすくなるはず。
2、5メートルの長尺手銛で前方が長めにとれる為、魚に寄りやすくなる(たぶん)

大体だけど、発射する時に腕をいっぱい伸ばすと肩から押し棒の先端まで約3mちょい程になる予定です。←長っw

デメリット

1、フックを掛けた状態の手当位置が随分後ろになるため、銛先が前に垂れて(重心が後ろすぎて)手当に手をいれての水面移動ができない、できてもキツイ。

2、長尺なのでただでさえ小回りが効かないのに前方に重心がくるともっと小回りが効かないっしょ

1は手当にてを入れずにシャフトの中心を持って移動しようと思ってます。2はまぁ左手もあるし支えればいいかなと。実際やってみないとワカリマセンけどね。

 

トルネードグリップの巻き方

 

以前にもトルネードグリップの巻き方を紹介してたんですが、その時のブログ記事はキレイサッパリ削除しました。

今回せっかくなのであらためて巻き方を紹介。

手銛トルネードグリップ巻き方

※ GIFアニメなのでPCからの閲覧推奨

この作業の繰り返しです。

 

今回も「竿巻糸」の4号極太を使いました。

この糸は釣り竿のグリップとして使用するための糸で、素材はナイロン100%で強度はバツグン!

表面はつるつるしてますが、ピンポイントで発射位置にタカ産業ラバーチューブを被せればいい感じです。使用する手袋の表面がゴムならある程度グリップ効きますがラバーチューブを被せたほうが楽にかつガッチリホールドできますよ。

使い方はこいつを手銛に被せてガスコンロやガストーチで全体的にムラなく炙ると縮んでフィットします。50cmあるので必要な長さにハサミでカットして使用。

デメリットは強度があまりない事ですね。ぼくは消耗品として考えていて、ひどく破れた場合は交換してます。レストフックの金具で破れるので金具フックは手当の内側に付けたりと工夫すれば結構長持ちます。

 

 

スポンサードリンク

 

 

収縮ラバーチューブのサイズに注意

 

この収縮ラバーチューブも釣り竿のとして販売されていますが、手銛用のグリップとして紹介されている方も多いです。ぼくもいろんなブログ記事を参考にさせていただきました。ただ、注意したいのはサイズなんです。

企画が25mm、30mm、35mm、40mmと、4つあるので、手銛のグリップとして使えるのはサイズが一番が小さな25mmがベストです!

 

※チューブ経の企画ですが、正しくは20mm、25mm、35mm、40mmです。さらに16mmの外形の手銛には25mmでも問題ありませんが、20mmのチューブが最適です。

誤情報を流してしまい大変申し訳ありませんでした m(_ _)m

追記 2016年5月30日

それ以外は大きすぎてピタッとフィットしないので気をつけて下さい。サイズが大ぎるとすぐにズレて使い物になりません。

かく言うぼくも最初は30mmを買いました。店頭に並んでて一番小さいサイズが30mmだだったので当時はこれが一番小さいと思ってたんです。被せた時になんかゆるいなぁと思ってましたが案の定、実践中にあれ!?超ズレるんですけど…(;´Д`)ってなりました。

太っい手銛を使うんなら別ですけどw

まだグリップの編みこみ途中なので作業がすすんだらまた記事書こっかな。

それではまた

 

スポンサードリンク

 

-魚突き, 魚突き道具
-, ,