釣り エギング

エギング始め!YO-ZURIフラッシュダンサーと百均エギでHIT!

2017/01/14

スポンサードリンク

 

最後に髪を切って3ヶ月以上、ようやく髪を切りました。恐ろしいほどどうでもいいですが。

どもイーグンです。

 

2017年01月11日、この日から大潮周りで満潮が18:04分。

 

潮回りがいいので仕事を終えて帰りがけにエギを投げてきました。

 

ポイントについたのが18:40分頃。日もかなり傾いて薄暗くなってきてる状況。本州ではすでに真っ暗な時間帯ですが、ここ沖縄はまだうっすらと明るい。

 

とはいえライトがないとラインのセッティングが難しい。ガサゴソとエギングバッグからヘッドライトを取り出そうとすると、無い!!

 

かーーー!!

 

またライト忘れたーーー!!!

 

これで3回目だゼぃ!!!

 

まったく何をやってんだか・・。

 

まぁなんとかなるでしょう。

 

前回は釣ったアオリイカを入れておくレジ袋を忘れ、猫に張り付かれたので釣ってすぐ帰らざるえをえなかったのですが、今日は獲物を狙われても袋に入れて側で管理できるので大丈夫!

釣れたらな。

 

リーダーはちょっと短くてセットし直したいけど時間もないし面倒なので、そのまま使うことに。車の室内灯の明かりでサルカンをセットし、急いで防波堤の先端手前ポイントへ。

 

先端には打ち込み釣り客が1人。じゃまにならないように打ち込み竿の手前に陣取りエギング開始。

 

10分ほど投げてみて反応なければエギのチェンジを繰り返す。3本目のオレンジ系のエギでを投げて、3分の1ほど回収したあたりで、ガツンと反応が!しかし魚っぽいアタリ。

 

多分魚だろうと思いながらも期待して反応があったアタリを丁重に探るも反応がない。やっぱり魚だった様子。

その後しばらく反応がないので、ヨーヅリのフラッシュダンサー3.25号、金テープピンクをセットして2投目、投げたフラッシュダンサーを3分の1程回収した所で、優しく3回シャクリ、ゆっくりリーリングするなか、ときどきスピーディーにリールをハンドル2回分巻取り、またゆっくりリーリング。

 

頭の中では寄ってきて様子を見てるアオリイカがいて、手を出そうか出すまいかしているところで急にハンドル2回分巻取りスピードを上げてやり、魚が逃げる演出のつもり。

 

それからエギを抱くスキを与える為にまたゆっくり巻く、を10メートル区間(大体ですが)試すと、スピードがゆっくりになった瞬間、「ガツンッ」とイカパンチが!

 

きたきた!

 

ここで慌てちゃイカンイカン。絶対バラしたくない。

 

アオリイカがエギを抱いてる感触を感じる程度にテンションをかけたまま、エギをしっかり抱くまで合わせるタイミングを5秒ほどズラす。

 

ワン、ツー、スリー、4,5,オリャッッ~!! ビシッッ!!

 

ジェット噴射で一気に沖へ!! と行かない‥。引かない?

小さいサイズか?

 

しばらくまったり寄せてると、

 

いきなりズキューーん!!

 

ジェット噴射!!ドラグがジーーーー!!!

 

気持ちいいーー!!この引きがたまりません!

 

どうやら釣られてる事に気づかず一生懸命エギをかじろうとしていたみたい。

 

慎重にやり取りしながら寄せてくる。すっかり暗くてよく見えないけど、今日はまぁまぁ波も穏やかなので一番下のテトラへ下りてなんなくギャフ打ち成功!

 

いったん堤防へ上がり記念撮影パシャリ♪

 

今日は泥棒ネコもいない。イカチョップをブチかまして(〆)レジ袋に入れて次を狙うも連続HITなし。

 

まだ潮が残ってるので投げ続ければ釣れそうな雰囲気全開でしたが、妻に買い物を頼まれてる上に、釣りしてくるなんて言ってないのでシブシブ帰路につきました。

 

帰って検量

キロ弱かと思いきや1.1キロ♪

 

スポンサードリンク

 

翌朝は久しぶり朝一エギング!

朝5時に起き、昨日に引き続き出るのでは?と期待を込めて同じポイントへ。

 

朝6時到着すると、先端にまた打ち込み師、堤防の真ん中あたりには長靴のエギンガーが1人。こんな朝早からよくやるのぅと思いながら(私もですが‥)先端手前に移動。

 

この日はヘッドライトもしっかり持ってきたしバッチシ!

 

エギング開始から30分ほど投げてもまったく反応なし。ん~‥、朝の満潮が7:23分。投げてる時間帯が6:30、そろそろ来てもいいところだが、ラインから伝わる潮の流れもなんだかイマイチ。

 

もっとこう、、「グッ」っと重く感じるくらいの潮がいいんですがまぁ頼んでも無理なのでエギをチェンジしながらキャストを繰り返す。

百均の金テープピンク3.5号へチェンジ。

 

右後ろから強く吹き付ける北北東の風に乗せ2投目。思ったように遠投できず目測60メートル先?に着水後、ラインスラッグ(糸ふけ)を取ってみると、グイッっと引っ張られる感覚が!

 

キタキタキタ キタコレっ!!

 

ちょっと間をおいてフッキング!!

 

グイッと引っ張られるがそんなに引かない。ちょっとだけドラグがでたけどなんなく寄せてきたのは目測800グラム。

 

 

防波堤の途中で投げてた長靴エギンガーがHITをみて声を掛けてきた。おお、いいですねーなんて会話をし、僕が防波堤の上でイカチョップをブチかましている間、長靴エギンガーはツガイや群れを期待して僕の投げてた方向にキャストしてるが、HITなし。

 

その後、完全に明るくなり、朝7時過ぎまでキャストを繰り返すも後が続かず納竿としました。

 

大好きなイカスミ汁をつくって沖縄そばをぶち込んで食べました。最高♪

最後に

もしかするとエギの周りにいかが寄ってきてる可能性もあるので、あくまで想像ですが、サイト(見釣り)でのアオリイカの動きを参考に、スレイカのやる気スイッチを入れてあげるようにアクションに工夫をするのも大事かも?と思える釣行でした。

 

では

スポンサードリンク

-釣り, エギング
-,